総合TOP>札幌市北区|THREE(スリー)札幌駅前|美容院(美容室)>ブログ>カラーをデザインする

カラーをデザインする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カラーをデザインする

ワンメイクのカラーに飽き飽きしていませんか?


カラーの施術の中で一番多いのがワンメイクのカラーです。


単色カラーで色味やツヤ感アップ、トーンアップ、トーンダウンをはかる技術です。

このカラーは2018秋冬の人気カラー、ネオヴィンテージカーキです。

大人コクグレージュ。

このままでも十分綺麗なカラーなのですが、カラーにはデザインが不可欠です♪

ボブはデザイン的にも重たくなりがちなので

インナーカラーやハイライト、デザインカラーを施すことによってオシャレ感がぐっと高まります。

土台となるベースのカラーとも相性の良いカラーを入れることによって高バランスを生み出したり、はたまた全くベースと違った真逆の色をインナーに入れることにより、不自然さをわざと出して目立たせたり。


ハイライト

明るさと立体感を出すならハイライト。カットラインと連動させて髪の毛の落ちる位置や動きを想像しながら施術していきます。

この方はグレージュにミントベージュのハイライトを入れました。

毛先にいくにつれて太めにハイライトが出るようにホイルワークしています。

重めのボブのカットラインですが、32ミリのカールアイロンで巻いただけでこんなに軽やかさがアップします。


グラデーションカラー

毛先に行くにつれて明るくなるようにブリーチやハイトーンのカラーで境い目を自然にぼかしていく技法。


この方は、度重なるブリーチ、ハイトーンカラーでベースに赤みが残っている状況でした。

そして毎日髪の毛にアイロンを通すといったこともあり、かなりハイダメージでした。

オーダーはネイビーブルージュ。

アッシュ系のカラーは熱にとても弱いということもあり、毎日アイロンを入れる方にはうってつけのカラーであるアリミノのaquaをベースに、何種類か赤みを消してくれるブルーと少々のブラウンを補色で入れています。

赤み知らずでとても良い色です♪


ハイライトグラデーション

両方の良いところどりです。

このヘアスタイルは、毛先にいくにつれて毛量感や切りっぱなし感が否めません。

そんな方には全体の立体感と、毛先に軽さをもたせるためにグラデーションカラーにする必要があります。



カラーは寒色ベージュ。

冬になるとブラックやダークグレー、モスグリーンといった重ため色のファッションになりがちです。

表面は細かいハイライトで立体感を。

毛先には存在感を。

たっぷりハイライトも入っているので、少し巻いただけでナチュラルでランダムな毛先の動きが手に入ります。


いつも単色カラーが多いなぁ、何か変えたいけど具体的に何をしたら良いのかわからないなどとお悩みの方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか、、、。

THREE 村上愛美


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

THREEは、こんな記事も書いています。

  • カラーをデザインする

    カラーをデザインする

  • アシスタント春風ちゃんのカラーチェンジ〜黄ばみベージュからコクグレージュへ〜

    アシスタント春風ちゃんのカラーチェンジ〜黄ばみベージュからコクグレージュへ〜

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2020 THREE All rights reserved.

"